メジャーリーグ、エンゼルスでプレーする大谷翔平選手。
ここまで投手としては2勝1敗、野手としては打率.367、3本塁打、11打点と投打に渡り活躍を続けています。
4月19日(日本時間20日)のレッドソックス戦では打順がこれまで主だった8番ではなく6番に上がりました。
4月17日(日本時間18日)の前回登板では右手中指のマメを悪化させ降板していましたが、DH起用に関してソーシア監督は大丈夫だと判断。
主に8番を打ってきた大谷選手ですが4月13日(日本時間14日)に出場した試合では7番を打っており、今回の6番での起用についてもそれだけ野手としての実力を評価されたのだと思います。
結果が楽しみですね。